ごそっととれると嬉しい、とれないと損した気分。

女性ですので、普段はファンデーションでかくれますが、すっぴんになると鼻の毛穴の黒いボツボツが気になります。
お風呂に入った時に洗顔クリームを泡立ててよくすり込むように鼻のまわりを洗っても、やはりとれないのです。
職場の女性先輩に聞いてみると、あまりおすすめしない方法だけど自分は指でぎゅっとつねるようなことをして毛穴から
皮脂を出している、だから黒ずみはないけれど、若いうちはしない方がいいからねとのことでした。
毛穴が開くからということでしたが、それ以上に鼻の先をいじるのは嫌だなと私は思ってその方法はその時はしませんでした。
私が実際に試した最初の方法は毛穴パックです。鼻にシール状のパックを貼り、ある程度放置して一気にはがします、毛穴の
黒ずみがごそっととれる、気持ちいいなと思いしてみました。
私の場合、黒ずみというか、産毛がよくとれていましたが、それでも黄色っぽいものもついていたので黒ずみになる前の皮脂
がとれていたので、効果は上々だったといえます。
ただ、気をつけて使わないとあまり放置時間が長いとカチカチになってしまってはがす時に痛いですし、そのあともピリピリ感が
残ります。
そのわりにあまりとれがよくなかったりすると非常に残念、失敗したとなります。
赤くなったこともあり、どうもこれは肌によくないなと思って使う頻度を少なくしていき、在庫がなくなったのを最後に購入しなく
なりました。
ですが、毛穴パックはいい商品だと思っていますし、使い方さえしっかり守ればいいと思います。
私が購入しなくなったわけは別の方法で毛穴の黒ずみをケアするようになったからです。
朝は蒸しタオルで顔をふやかして鼻の毛穴から余計な皮脂をしぼりだすイメージで顔を拭き取り、メイクをしています。
夜はメイク落とし、洗顔クリームでW洗顔して、風呂上りのしっとり柔らかくなった肌の時に鼻先をぎゅっとつまんで
皮脂を出しています。
昔、先輩に教えてもらった方法のソフトバージョンで同じことをしているわけですが、毎夜皮脂はある程度出ます。
そんなに脂っこいものは食べてないのでちょっと染み出る程度の時もありますが、このケアを始めてからの方が黒ずみが
なくなりました。
そのあとは普通にクリームを塗ってお手入れはおしまいですが、毎夜皮脂を出しているので汚れが詰まらないですし毛穴が
開いたと気になることもありません。
年齢と共に分泌物が減っているのかもしれません、若い方には毛穴パックの方が手軽でいいのかもしれませんね。

鼻の黒ずみ撃退

もともとそんなに毛穴は黒ずんでいない方でした。大学生になってから化粧をはじめて、ある日突然まじまじと鏡をのぞいたら鼻の毛穴が黒くプツプツとなっていました。化粧をした当初はクレンジングオイルの独特の肌触りが苦手で、なんとか洗顔だけで落ちないかと使用しなかったのがいけなかったみたいです。
それからはクレンジングをきちんと使うようになりました。ただクレンジングをするだけだと残ってしまうので週に2~3回は酵素洗顔と泡の炭酸パックをするようにしています。酵素洗顔は毛穴の奥にまで詰まった汚れを掻き出してくれるので重宝しています。また、炭酸パックはお風呂の中で湯船につかりながら行うと、蒸気で毛穴が開いた状態でできるのでより汚れが排出しやすくなります。しかも炭酸パックをすると血行がかなり良くなるので、お風呂上りに化粧水の浸透がいつもの倍以上になるような気がします。しかも血行が良くなるので肌がピンク色になってほてっているのが目に見えてわかります。毛穴が開きっぱなしだと再度汚れがついて毛穴が詰まってしまうのでお風呂上りは化粧水をして、毛穴をひきしめるクリームも使っています。さらにその上から乳液もつけて蓋をするような状態にしています。若いころは毛穴パックを使ったことがありますが、粘着力が強く、鼻の上の皮膚がべりべりとはがれてしまいファンデーションがうまくのらなくなってしまうのですぐに使用するのを止めました。しかも毛穴が開きすぎて閉じなくなってしまうのです。少し離れて見て目に見えてわかるくらいの毛穴の黒ずみだったら毛穴パックはした方がいいかもしれませんが、自分だけが気にするくらいの黒ずみ程度だったら酵素洗顔と泡の炭酸パックで十分対処できるかと思います。ただ、酵素洗顔も炭酸パックもそれなりの物を購入すると値段が結構高めなのでそれが難点です。私自身も毎日使用すると減りが早くなってしまうために週に2~3回程度に抑えるようにしています。現在は毛穴が見えないくらい肌がきれいになると化粧をするのが楽しくなり、また化粧ノリが断然違うため日々のお手入れが大事なんだなと感じています。また歳を重ねると肌のターンオーバーが乱れたり、若いころのようにはいかなくなるのである程度の年齢を過ぎたらきちんとお手入れしていれば誰でもきれいな肌が手に入ると思います。これからもきちんとお手入れを続けて今の肌が継続できるようにしていきたいです。

昔からのコンプレックスを解決するために毛穴パックを使用する

私は昔からある悩みがありそれがコンプレックスになっていました。

その悩みとは、鼻の毛穴が目立つことです。

子供の頃はそんなに目立つような鼻の毛穴ではありませんでしたが、高校時代に入った頃から段々と目立つようになり思春期も重なって大きなコンプレックスになっていました。

毛穴が黒ずみ大きく目立つ、原因はハッキリとはわかりませんが、以前高校時代に他の皮膚の炎症で皮膚科に行った時に診てもらったらおそらく原因は皮脂だと思うと言われたことがありました。

元々私は脂質体質で肌も少しテカテカしています、しかも高校時代は運動部で毎日激しい運動を行っていて汗もよくかく、それらが少しずつ鼻などの毛穴に蓄積されて毛穴が大きく開いていったのだろうと思われます。

当時はそんな知識もなく恥ずかしながら洗顔も簡単に済ませる程度で意識して鼻の周囲を丁寧に洗うということは行っていませんでした。しかし高校を卒業して大学に入学するとますます鼻の毛穴の黒ずみが目立つようになり何とかしないとと思い様々なことを試してみました。

例えば、洗顔に顔の脂をよく落とす成分が配合されている商品を使ってみましたが、確かに顔の脂はよく落とせるのですが、肝心の鼻の毛穴の内部の皮脂までは完全に落とすことができませんでした。

次に試したのがサウナによる毛穴を完全に開いて汚れを洗顔で落とす方法ですが、これも成果はあまり無かったことを覚えています。

そんな長年の悩みを何とか解決したいと思っていましたが気がつけば大学を卒業して社会人になってしまいました。しかしそこでこの悩みを軽減させる商品とやっと出会うことができました。

それが鼻専用の毛穴パックです。同じように鼻の毛穴の黒ずみで悩んでいた同僚の話しで鼻専用の毛穴パックが有効だという話しを聞き私もすぐに試してみることにしました。

驚いたのがその効果です。鼻専用の毛穴パックをしてパックを外してみると鼻の皮脂が目に見える程ビッシリと取れている、パックを終わった後に鏡で覗いてみると鼻の毛穴の黒ずみがかなり軽減されているのがわかりました。残念ながら私の場合は鼻の毛穴の黒ずみを完全には取り除くことはできませんでしたが、それでも昔に比べればかなり取り除くことができ大変満足しています。

ただ、この鼻専用の毛穴パックは頻繁には使えないのが残念です。頻繁に使うと私の場合は鼻の肌が炎症を起こしてしまいます。ですから1週間に1回程度の仕様が丁度良いのかもしれません。

コンプレックスが軽減された毛穴パックに本当に感謝しています。

もう!どうしたら無くなるの?毛穴の悩み…。

中学生の頃から鼻に出てきた毛穴の黒ずみ…。中学生だからお化粧でごまかすのも無理だし、気になって仕方なかった私は、いつも指でぎゅーっと毛穴の詰まりを押し出していました。すると毛穴からニュルニュル~と皮脂汚れが出てくるのがだんだん快感になってきて…、長年続けていました。
そんなときに現れた毛穴パック!これは衝撃でした!水で軽く濡らした鼻に貼って時間を置いて剥がすと毛穴の詰まりがごっそり取れる、というあのCMを見たときはもう欲しくて欲しくて仕方なく、ドラッグストアにお小遣いを握りしめて買いに行ったこと、未だによく覚えてます!
ワクワクしながら箱を開け、使ってみようと鼻を濡らしいざ貼ろうとすると…手も濡れていてなかなか上手く鼻に貼ることが出来ず、せっかく貼れても鼻にしっかりフィットせず、小鼻に隙間が出来ていたりで何枚か捨てるハメになったのです。
何とか貼って時間を置き、剥がしてみると…、全く取れていない…(笑)
これは絶対に私の貼り方や水分量が足りなくて取れなかったんだ…と思った私は次はビショビショに鼻を濡らし、母親に貼ってもらいました。それでも結果は同じで気になる毛穴の黒ずみ、詰まりは解決出来ませんでした。
取れるまでやってやる!と意地になった私は何度も毛穴パックを繰り返してしまいました。
そして翌朝…。鏡を見た私は自分の鼻に驚愕しました。鼻の皮が剥けて真っ赤になっていたのです。毛穴パックを何度も付けて、剥がしてを繰り返しやったことで鼻の皮まで傷つけていたのですね…。数日は本当に恥ずかしい鼻のまま学校に通いました…。
そんな思い出もありつつ、現在美容系の仕事に就いた私はお肌のことや髪のことを勉強していく中で、剥がすタイプの毛穴パックは肌にすごく負担がかかることを知り、また剥がすタイプの毛穴パックでたとえ毛穴の詰まりが取れたとしても毛穴は開いたままでケアをしないと逆効果、ということも知りました。
現在は顔に直接塗るタイプのパックを使用し、時間を置いた後洗い流すものにしています。目に見えて毛穴を取っている、という感覚はあまりありませんがお肌にはすごくいいと思います。このパックをするときは入浴中と決めています。入浴しているときは毛穴が開いているので毛穴の汚れが浮きやすい状態なので、その効果を狙ってパックをするようにしています。
手軽で安価に毛穴が綺麗になるのが一番いいのですが、それよりもお肌を傷つけないこと!
綺麗の近道はここかも!と思います。

毛穴ケアは日々の小まめなお手入れが肝心

毛穴の悩みは女性なら誰もが抱えているお肌の悩みではないでしょか。
わたしは若い頃から毛穴の黒ずみが気になり、毛穴レスのスベスベ肌に憧れていました。皮脂のつまりによりポツポツと黒ずんだ小鼻はまるでイチゴのようです。皮脂がつまっている上に、さらにメイクや汚れがつまり、皮脂が酸化して黒ずんでしまっているのです。

また、加齢によりハリが失われ、肌のたるみとともに年々毛穴も開いてきてしまっています。やってはいけないとわかりながらも、指で押すと中から皮脂がにゅるっと出てくるのが快感で、ついついやめれなくなってしまいます。開いてしまった毛穴を目立たなくすることは簡単ではありませんが、毎日ていねいにケアすることで少しでも毛穴を目立たなくすることは可能です。

毛穴ケアにはパックが有効ですが、わたしが今まで試した毛穴パックは、クレイタイプの塗って洗い流すものと、シートパックタイプのものです。
クレイとは粘土や土のことで、ミネラルを多く含み、吸着力があり皮脂や汚れを吸着してくれるので、毛穴ケアに効果的といわれています。美白効果もあり老廃物を吸着し、くすみを取ってくれるといううれしい効果もあります。
洗顔後、お肌に均一に塗り、数分置いてから洗い流すのですが、洗い上がりは肌のごわつきもとれ、スベスベになります。
そしてお肌に優しいのも良いですね。

でも、毛穴につまった角柱が目に見えてよくとれるのは、やはりシートパックですね。初めて使った時の衝撃は今でも忘れません。
シートを小鼻にピッタリと貼り、数分置いてからゆっくりとはがすのですが、シートには角柱がびっしり、まさに柱のように所狭しと並んでいました。
よくこんなに大量の角柱がつまっていたなと感心するほどです。中にはすごく太くて黒いものもあり、こういうのがポロッととれると本当に快感ですよね。
でも、シートパックはちょっと刺激が強いので、パック後はたっぷり保湿して毛穴を引き締めるようにしています。
いろいろな毛穴パックがある中でも、シートパックが一番目に見えて「とれた」実感があるのではないでしょうか。

毛穴ケアは日々こまめにすることが大事ですね。
皮脂がつまるのを防ぐには、洗顔前の蒸しタオルが効果的です。蒸気で毛穴の汚れを浮き上がらせてから洗顔するので、皮脂や汚れをスッキリ落とすことができます。ちょっとの一手間を加えてケアすることで、スペスペのお肌を維持することができるのでしょうね。
やはり、面倒がらずにていねいにケアしないと美肌は手に入れることはできませんね。

毛穴対策にはやっぱりコレでなきゃ!根こそぎとれちゃう病みつきパックがオススメ

普段メイクをしている人なら、毛穴の詰まりで悩んだことが一度はあると思うのですが、毛穴のケアは意外に大変なもの。
肌表面の汚れは洗顔クリームなどで容易に落とすことができるのですが、毛穴の詰まりにはやっぱり専用グッズがあると便利。

今までいろんな毛穴対策をしてきましたが、効果があったもの・まるでなかったものがそれぞれありました。
成果があったと少しでも感じられる方法はまず、美顔器。少々値が張ったこともあり効果もなかなかのもの。
しかし時間がかかることが面倒になり、結局一定期間使用したのち、使わなくなってしまいました。

その後、もっと簡単にコストがかからず、定期的の使用程度でケアできる毛穴パックを試してみました。
最初の感想は、まさに驚きそのものでした。気持ちがいいぐらい毛穴の汚れが取れたんです。
使用したのは、鼻の黒ずみをとりたかったので集中的にケアできる専用のパック。
角栓がたっぷりとれ、クリアになった感じがしたので、その後も病みつきのように毛穴の詰まりが目立ってくるとすぐ使用しました。

使用した直後は、根こそぎ詰まりを取るせいか、鼻が赤くなってしまうんですよね。刺激が少々強いのかな~と思うのですが、
これに勝るグッズは今のところないので、すっかり頼りにしてしまっています。鼻だから使用できますが、他の部分だと刺激が心配で
使えないですね。鼻にはこの毛穴パックを使い、それ以外の部分には拭き取り化粧水とマッサージクリームを使い毛穴ケアをしています。

そもそもなぜ、毛穴に汚れがたまりやすいのか?毛穴は汚れが詰まっていたり、乾燥気味になるとすぐ毛穴が開いてしまいます。
メイクがちゃんと落ちていなかったりするのが原因の1つになるのでしょうが、毛穴にトラブルがあるとそれだけで、肌がくすんだり、
たるんだりとなかなか手ごわい。

しかし、この毛穴パックは使用しすぎてもトラブルのもとになるので、使えば使うほど良いというわけではないんですよね。
肌の状態をしっかり把握し、見極めてから正しく使用しないとかえって悪化させてしまう要因になってしまいます。
便利なぶん、落とし穴もあるということなんですね。

価格が非常にリーズナブルなので、若い世代からも人気のよう。
お小遣いで買える程度なので、ティーンからも支持されている人気商品なんです。安かろう悪かろうでは今の時代、もう売れません。
安いことが前提であり、効果が必ずしも実感できるものでないとリピは難しいと思います。

毛穴化粧品の選び方『毛穴の汚れ・黒ずみ解消のための化粧品』

気になる「毛穴パック」 私はこうして効率を良くします!

顔の中央にある鼻・・・の黒いボツボツ気になりませんか?

私も「いつから?」と思い出すと、中学生の頃には友達と相談していました。
皆、気になっていたのです。
お化粧で隠すことも出来ないので、中高時代は押して搾り出していましたね。
勿論、これはお薦めできる方法ではありません。

社会人になって普通に化粧するようになってからは、ファンデーションで鼻の
黒ずみは隠せると思っていました。
ところが、お化粧したその時は隠れますが、鼻や額はすぐテカテカしてしまい
ファンデーションを塗り直さないと結局隠せていない。
何だか「厚塗り」の様で嫌でした。

「隠す」より「無くす」方が良いと思い、ドラッグストアーで毛穴パックを購入
する事に。
結構取れましたよ。シートを剥がすと嬉しい位に皮脂がくっつてきます。
何だか楽しくて、興奮しましたね。
取れた皮脂をよく見るとシート側が黒っぽいので、黒ずみがこれで取れたと
思ってしまいます。
でも、鏡を見るとそれほど変わらない。
何度トライしても、最初の時ほど皮脂は取れません。
それなのにシートを貼って、剥がして、これを繰り返すと確実にお肌は傷んできます。
効果的に1~2回のトライで皮脂を取るにはどうしたら良いか・・・。

ある時、仕事で3~4時間空きが出来てしまいました。
近所で時間つぶしをするしか無い・・・映画を見るのも上映開始時間が合わないし
何かないかと探していると、理髪店が目に入りました。
「女性の顔剃り」もできると宣伝していたので、興味もありやっていただく事に。

気持ちよかったですね。すっきりして顔色も明るくなった気がします。
美容院やエステサロンではやってもらえない「顔剃り」。
刃物を扱うので国家資格が必要なんですね。
蒸しタオルで顔を暖めてから、カミソリで丁寧に女性の理容師さんにやっていただき
ました。
お化粧はすべて落とすので、その後の基礎化粧品等はお店に置いてある数種類の中から
自分で選んで使わせていただく事になりましたので、手ぶらで入店しても大丈夫。
良かったです。

実はこれが「毛穴パック」に思わぬ効果がありました。

顔の産毛を剃ったことでシートが肌に密着するようになったんでしょうね。
1~2回のトライで今までよりも黒皮脂が取れました。
何度もやらないですめば、肌を傷める心配も無いです。
その後、化粧水や乳液で保護すれば大丈夫。

お部屋を掃除する「コロコロ」
粘着シートを転がしてゴミを取りますが、カーペットに小さいゴミが多い時は大きな
ゴミはくっつきませんよね。
顔剃りで効果が上がったのは、それと同じだと思います。

毛穴パックの効率を良くするには、理髪店の顔シェービングが効果的です。
私の大発見。

毛穴パックの真の土俵は…?

私が毛穴パックを試した理由は単純にあのパッケージのイメージ写真を見ての好奇心でした。
そこまで毛穴の黒ずみだとかを気にしてはいなかったけれども押すと出てくる角栓というのは多少あったので、アレがこんなふうに取れるのか?!とわくわくしながら試したのです。
…が、結果はほとんど取れず。目に涙を浮かべながら引きはがしてもわずかに産毛が抜けている程度。
日を置いて挑戦しても期待は裏切られるばかり。兄にもやらせましたが私よりは収穫がありましたがまだまだ納得はできません。
毛穴パック自体の力を疑い始めたその時、目に入ったのが偉大なる父の大きな背中でした。
それはまさにミカン畑…いや、イチゴ畑とでも言えるかもしれません。
これぞ私が、いや、毛穴パック側が求めていた土俵だったのです。
さっそく私は野球中継に夢中になっている半裸の父に「テレビの邪魔しないから毛穴パックをさせてください」と頭を下げます。
なおもテレビに夢中の父は毛穴パックとは一体なんなのかわかりもせずに「あ?ああ」と適当に返事をします。
適当だろうがなんだろうが本人の承諾を得たのですからさっそく準備に取りかかります。
まず背中の毛穴パックを貼る部分を、水を含ませたティッシュで濡らします。もちろん父は「ひゃっ」と声をあげましたがおかまいなしです。
母は少し遠目でニヤニヤしております。
そして毛穴パックを貼り、自然乾燥させます。
この待ち時間がなんともじれったい!しかしここで焦ってはいけません。父は気分屋です。次はないかもしれません。
はやる気持ちを抑えてしっかり乾燥させ…いざ!!
端から慎重にはがしていきます。
「痛い!」……おそらくこれが最初で最後の毛穴パックとなるだろうと覚悟を決め、ぺりぺりはがします。
はがし終えたその毛穴パック…そこにはあのパッケージ写真に勝るとも劣らない針山が広がっていたのです。
これには父も感動。そののち自分の背中の汚さを実感して落ち込んでおりました。
意外とこういうのが好きな母も喜んでいました。
これで毛穴パックの力はしっかり確認できました。
わたしの鼻の毛穴がキレイなのが悪かったのです。
…ですがそうなると父の背中のような毛穴が顔のど真ん中にある人のための物ということになってしまいます。
そんな人って毛穴パックとか以前に日々のケア…いや、入浴レベルで怠っているのではないかと思わざるを得ません。
あのパッケージ写真はイメージCGなのかもしれませんがモデルが存在するならお顔(毛穴)を拝見したいですね。

実際どうなの?毛穴パック試行錯誤。

鼻の毛穴、女子も男子も気になるところですよね。
私はもはや女子とは程遠いところに来てしまいましたが、それでも気になる黒いポツポツ。
たまに、指の爪で「えいやっ!」と押し出したりしてしまいますが
これはもっともやってはいけない例なわけで。

そこで頼ったのがドラッグストア系で売っている、毛穴パック。
一番最初にやった時は、肌が乾燥していたままやってしまったからか、思ったほど取れず。
なんだこんなものかとがっかりしながら、少し間をあけてまたトライ。

今度は、前回の教訓をふまえてお風呂上りにやってみたところ
なかなかいい具合に取れました。ちょっと感動。
しかしこの後処理がまずかったのです。普通に化粧水をちゃっちゃとつけて終了。

案の定、毛穴は開きっぱなしになるので、すぐにまたあの憎き黒い奴で鼻は元通り。

これではいけないと思い、色々と調べました。
すると毛穴パックをやる時は、
・始める前に毛穴の汚れを浮かせるクリームをぬるといいらしい。
・毛穴パック後はすぐに毛穴を締めるために、とにかく冷やす
という情報をもとに、やってみましたリベンジのリベンジ。

クリームを鼻に乗せて、くるくると指で丁寧になじませるとだんだんと温かくなってきます。
お、汚れ浮いてきてる?と期待も高なります。
そしていざ毛穴パックして待つこと数分。
見事、見本の通りごっそりと汚れが取れました。
しかし、忘れてはいけないのがその後の「冷やす」作業。
鼻を洗った後、コットンに収れん化粧水をたっぷりと含ませ、ぴったりとくっつけます。
その上に保冷剤をあてたりすると、気分的にさらに冷やされている感じがあってなお良かったです。
5~10分冷やした後、丁寧にお肌のお手入れをして完成です。

すると毛穴がキューっと締まって、きれいな鼻になっているじゃありませんか!
感動。頑張った甲斐があったと思ったものです。

ただし、やはり数週間するとまた汚れは溜まってきてしまうのは仕方のないことで。
これを毎回続けるのはいかがなものかと、さらに検索すると
やはり毛穴パックは賛否両論で、やる派とやらない派に見事に分かれていて。

揺れる女心。

綺麗にはなりたいけど、肌を傷めすぎるのもどうかと。

というわけで私なりの結論としては
「本当に見苦しいほどに汚くなったら、たまにやってみる」ということと
それまでオイルクレンジングだったのを、ミルククレンジングに変え
極力肌に負担をかけない普段のお手入れから変えてみようというものでした。

おかげさまで、その方法に落ち着いてからは、
まめに毛穴パックをやっていた時ほど
黒ずみが気になりません。

もちろんこれは肌質や個人差の多いものだと思いますので
みなさんのそれぞれのベストな方法で、綺麗になれるやり方が見つかるといいなと思います。

キレイに取れるといい気分。しかし取れるということは?

カッコイイ人、カワイイ人、どんな人でも鏡は見ますよね。
その時気になるのが顔の毛穴の汚れです。
一時期、鼻を中心に汚れが目立つようになってきたのでスクラブ入の洗顔料を使うようにしていました。しかしそれでも変化は無く、なにか良いものがないかと思っていた時「毛穴パック」に出会いました。
その頃は女性用の商品はありましたがまだ男性用というものがなかったため、買う時に少し恥ずかしい気持ちになったのを覚えています。

最初に使った時は付ける部位を水で濡らしペタッと貼るだけでした。
この方法でやるとどうしてもムラになってしまい、皮膚に付く所と付かないところができてしましました。
その結果すぐに乾燥してしまい、うまく汚れが取れずにもう一度貼る。
次にお風呂あがりにすぐ貼り付けてみることにしてみました。
しかしこれも同様にムラになってしまい皮膚にうまく密着しない。
思ったよりも乾燥が早いんですね。
ならばと今度は軽く濡らして貼り付けた後に、蒸しタオルで上から水分を補給してみることにしました。
これば成功、見事肌に密着できました。
数分の後、剥がしてみるとCMのようにゴッソリと汚れが取れてるではありませんか。鏡で見てみると確かに毛穴の汚れが取れているのがわかります。
ただ、あまり頻繁に使ってしまうと肌が少し荒れた感じになってしまったので、数日おきに使うようにしておりました。
それとこれは本来の使い方ではないのでお勧めできませんが、鼻をかみすぎてカサカサになった部分に使うと、剥がれかけた角質がキレイに取れたりしてちょっと楽しかったりします。

さて今現在ですが毛穴パックは殆ど使用しなくなりました。
何故かと言うと、少し気になる点があったためです。
毛穴の汚れを強制的に剥がすとキレイにはなるが、毛穴は広がった穴がそのままということ。となると結局はそこに汚れがまた溜まるというイタチごっこになるのでは?と思ったのです。
ならばどうするか。
肌を元気にし、汚れが少なくなるように体内から変えればいいのです。
毛穴の汚れの殆は皮脂だったりします。
それが過剰にあるため汚れて大きくなると。
そこでダイエットも兼ねて食事の見直しと運動を始めた結果、いい汗をかき代謝も上がり過剰な脂肪も抑えられたので、あまり気になるような汚れはなくなったように感じます。

毛穴パックが全く必要なくなったということではありませんが、生活を見直して健康な肌を目指しつつ毛穴パックを補助として使う。
これが一番良いのではないでしょうか。
男性の場合、使った後に化粧水を使うともっと良いのかもしれませんね。

おしりニキビ・黒ずみについてはおしりニキビ・黒ずみ対策を参考にしましょう。